↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

一般論としてにわかに信じられているものに転職可能年齢の「35歳説」をよく耳にする。順調に大学を卒業し就職したならば職業人として10数年のキャリアを有することになる。

企業の長期雇用が進み、少子化も手伝って定年延長が罪悪視されない世の中になってきたことは多くの採用担当者が実感している。そうしたことを背景に、40歳以上の求職者でも決して転職需要が無いわけではない。それどころか、かえってそこの年齢層こそ積極的に欲しいとする企業も多く存在する。

作業の効率化という補充目的なら、少しでも若い人材を採用したがるのが採用担当者の気持ちだろう。それとは別に管理職が社会人として成熟していてコマとして使いこなせる(使いやすい)人材かどうかも肝だ。

それに対し、組織の指示命令系統に穴が開き、そこを任せたいときは年齢を引き上げた求人採用を行う。最近、この部分の方が企業側にとっても転職希望者のパイが少ないから難しい問題になってきている。

景気に左右されるが、現在、転職の限界「35歳説」は完全に崩壊していると思う。ひとつの要因にかつては35歳という年齢が結婚して子供を持つ年齢層にあたり、転職とういう決断をするには高いハ-ドルが存在していた。それも社会の変化で35歳前後では未婚者が大半である時代になっている。転職市場でも35歳前後は魅力的なボリュ-ムゾ-ンに変容している。