人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

就職活動

「経験者優遇」とは未経験も可でもある


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

応募事項の中で「経験者優遇」というものがある。会社にしてみれば経験者イコ-ル即戦力を期待することになるイメ-ジがあまりに強いと思う。しかしこれとて絶対的な採用基準とはならないケ-スがけっこうある。

担当させる(予定の)業務の知識を備えている人材であることにこしたことはないが、会社の仕事など経験したことのある事の対応力など求めていない。誰しもはじめてやる事に対する身のこなしの軽さを評価されるのである。

定年退職者が出る場合など、前任者からの引継ぎスケジュ-ルがきちんと取られているケ-スは経験よりも「やる気重視」の採用になる。先生役となる前任者(退職予定者)が面接に咬んでくると、その御仁の好みが大きく影響することもある。

「経験者優遇」の文字に恐れをなすこともない。かえって未経験者のほうが「教えやすい」といった声が出ることもある。まさに「未経験者の有利」である。実際。募集する部署の管理職クラスより若くて有能な人材は書類選考段階で嫌われることが多い。

スキルより人柄重視の傾向はちょっとした組織防衛なのかもしれない。

かといって「未経験者歓迎」というのも不安があると思う。それだけ欠員傾向の職場であることは否めないのではないか。採用現場で「急募」とうたう時は早い段階で内定を出したい、言ってみれば採用する気満々のことが多い。「急募」には履歴書を速達で送るぐらいの本気度を示してほしいものだ。

 

職務経歴書の出来栄え 


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 採用活動において新卒対象者と中途採用者の判断材料は大きく異なる。中途採用にあたっては、それまで社会人として経験してきた職務経歴にスポットが当たるのは当然だ。

最近の応募者の職務経歴書は非常に良く出来たものが多い。良く出来たと言うのは、定形フォ-ムがネットで簡単に手に入るからであろう。整然とこれまでの配属部署から仕事・担当内容、自身のスキルまで簡潔に書き並べられていて、書類審査の段階ではどれも想像できる範囲では「ぜひうちに」となる。

それだけに職務経歴書を作成する能力に長けているだけなのか、本当に文字通りの仕事ができるのかを見分けるのが面接ということになる。

総務人事の募集を行ったときのこと。職歴書には前職では総務部在籍し、約5年間、給与計算・給与事務を担当と記入してある。欠員補充の業務分野だったのでさっそく話を聞くことにした。

職歴書のとおり給与計算の実務知識を確認するとこれがまったく頼りない。実際は従業員150人分のタイムカ-ドを管理(勤怠チェックと残業時間の管理)してそれをエクセルに落とすこと。従業員の交通費申請の集計と取りまとめをして別の給与ソフト入力担当者に投げるまでを行ない、出来上がった給与明細を封入するところを担当していたらしい。

給与計算実務に欠かせない、社会保険の加入・脱退手続きも、年末調整実務も、給与計算ソフトの取り扱いも知識を持っているという水準には達していないのは明白だった。それでも職務経歴書では給与計算担当として立派に役目を果たしてきた?と文字が躍る。

こうしたことは採用現場では日常茶飯事。職務経歴書と実際のギャップに愕然とする毎日である。


 

即戦力=経験者とはならない


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

応募事項の中で「経験者優遇」というものがある。会社にしてみれば経験者イコ-ル即戦力を期待することになるイメ-ジがあまりに強いと思う。しかしこれとて絶対的な採用基準とはならないケ-スがけっこうある。

担当させる(予定の)業務の知識を備えている人材であることにこしたことはないが、会社の仕事など経験したことのある事の対応力など求めていない。誰しもはじめてやる事に対する身のこなしの軽さを評価されるのである。

定年退職者が出る場合など、前任者からの引継ぎスケジュ-ルがきちんと取られているケ-スは経験よりも「やる気重視」の採用になる。先生役となる前任者(退職予定者)が面接に咬んでくると、その御仁の好みが大きく影響することもある。

「経験者優遇」の文字に恐れをなすこともない。かえって未経験者のほうが「教えやすい」といった声が出ることもある。まさに「未経験者の有利」である。実際。募集する部署の管理職クラスより若くて有能な人材は書類選考段階で嫌われることが多い。

スキルより人柄重視の傾向はちょっとした組織防衛なのかもしれない。

かといって「未経験者歓迎」というのも不安があると思う。それだけ欠員傾向の職場であることは否めないのではないか。採用現場で「急募」とうたう時は早い段階で内定を出したい、言ってみれば採用する気満々のことが多い。「急募」には履歴書を速達で送るぐらいの本気度を示してほしいものだ。

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: