↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

職場で役職が上になれば当然部下が増えてくる。管理職ともなれば仕事の進捗確認と担当役職レベルの決裁が主な役目となるはずだが、いつまでたっても事務作業が減らない方を多く見かける。

課長なり、次長なり、はたまた部長となっても、それまでやってきた業務処理を手放すことなく胸のバッジだけが変わったのでは会社組織の新陳代謝どころか硬直化を推進する最悪の人事ではないか。

昇進異動ではまず自分の行っている業務処理を配下にすべて投げ渡すことからはじまると思う。そこで、仕事を任せ切れるかがその後の自分の仕事のキャパシティを決定するぐら重要である。

「部下に教えるより自分でやった方が早い」「いちいち嫌な顔されるくらいなら、自分がやるか」といった思考では部下の能力は一向に向上しないし、そもそも昇進する側の能力を疑われることになる。

とにかく仕事を任せること。失敗を繰り返すことが学習である。部下にはそう言い聞かせて、期待したレベル以下の仕事で返してきた時にははっきりと「もう1回。」と言い切れる上司に成らなければいけない。