↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

どこの会社にも「職場の一匹狼」はいるものだ。自分の殻を破れないタイプ、常に会社に不平不満を抱くタイプ、他人と協調することより自我を貫くことを仕事上の成果と勝手に思い込む迷惑な思考ができるタイプである。

管理職がそうした社員の扱いに手を焼くケ-スは多い。いちいち物事を諭すように言葉を選びながら改心するように説得しても、頑なに指示に従わない者に対しては、場合によっては配置転換を行うことにる。

身近な例を紹介する。ある営業マンが自分の担当顧客で起きたトラブルをきっかけに「担当を外して欲しい」と申し出てきた。そのトラブル解決にかかった費用の請求金額の見積もり作成をしない、その後のフォロ-にも一切関わらないと言い張る。

些細なことでこの担当者に電話連絡が数日後になったことが、本人には「会社組織の怠慢」として尻拭いはしたくないとの主張である。この営業担当は、顧客との距離をとことん詰めるタイプ。それができる相手先には必要以上の配慮を傾注し別部署に無駄な労力を要求することが多かった。

その分、距離が詰められない顧客に対しては「やりたくない顧客」と切り捨てる。その顧客からのクレ-ムから逃げる。こうした人間を抱える組織は腐るのに時間はかからない。職場の一匹狼を飼いならすコストはほど無駄なことは無い。会社存続のためには排除の論理が一番の解決策だろう。