↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

4・5年前の就職氷河期なら通用した「第2新卒」なる人材も、景気が好転し人材不足感さえ漂うほどの状況下では新卒採用時に箸にも棒にもかからなかったそれなりの人材と判断されて仕方が無い。

新卒採用ならいざ知らず、中小企業が第2新卒と呼ばれる中途採用者に対して教育研修期間など設定することはまずないだろう。たとえ全くの異業種に転職できたとしても、仕事の中で、業務をこなしながら業界のル-ルなり身のこなしを学ぶ努力が必要になる。

企業の言う即戦力とはまず組織に溶け込み、同僚との信頼関係を構築し、謙虚に学ぶ姿勢を持てる人材である。前の職場でのやり方は新天地の職場ではほとんどが邪魔なだけである。

転職入社組の中で、即戦力としての心構えの出来ない人材の共通項は、いつまでたっても「この業界は経験が浅いんで、」と平気な顔で口に出す社員である。実は管理職組にそうした傾向が顕著に見られる。

その言葉を聞くたびに、「じゃ、うちで何ができるんだ」と突っ込みたくなる。

即戦力採用に求めらるものとは、なにも数字で結果を出すことではない。その人が組織に入って間もないのに、不思議ともう何年もその会社でやってきたように錯覚するほどテキパキと仕事を片づけていくタイプはどこに行っても仕事が出来る。

転職という機会は、それまで貴方が職業人として貼られて来たレッテルをリセットできる最高のチャンスである。新天地では、それまでのあなたを知る者はいない。だからこそ即戦力としての心構えをしっかりして、その最後のチャンスを有効に使って欲しいのである。