人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

転職の常識「35歳限界説」は崩壊している


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

一般論としてにわかに信じられているものに転職可能年齢の「35歳説」をよく耳にする。順調に大学を卒業し就職したならば職業人として10数年のキャリアを有することになる。

企業の長期雇用が進み、少子化も手伝って定年延長が罪悪視されない世の中になってきたことは多くの採用担当者が実感している。そうしたことを背景に、40歳以上の求職者でも決して転職需要が無いわけではない。それどころか、かえってそこの年齢層こそ積極的に欲しいとする企業も多く存在する。

作業の効率化という補充目的なら、少しでも若い人材を採用したがるのが採用担当者の気持ちだろう。それとは別に管理職が社会人として成熟していてコマとして使いこなせる(使いやすい)人材かどうかも肝だ。

それに対し、組織の指示命令系統に穴が開き、そこを任せたいときは年齢を引き上げた求人採用を行う。最近、この部分の方が企業側にとっても転職希望者のパイが少ないから難しい問題になってきている。

景気に左右されるが、現在、転職の限界「35歳説」は完全に崩壊していると思う。ひとつの要因にかつては35歳という年齢が結婚して子供を持つ年齢層にあたり、転職とういう決断をするには高いハ-ドルが存在していた。それも社会の変化で35歳前後では未婚者が大半である時代になっている。転職市場でも35歳前後は魅力的なボリュ-ムゾ-ンに変容している。







仕事は時間の切り売りではない


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

新卒の新入社員を迎える準備をしはじめた。企業にしてみれば備品調達も事務用品からパソコン、貸与する携帯電話、デスク、チェアとなれば10万~20万に及ぶこともめずらしくない。

そういったコストを新入社員に理解させるのも導入研修の入口に必要なことである。企業人として会社の収益に貢献する以前に、会社は社員ひとりひとりに投資をしていることを解らせることは重要である。

学生時代のアルバイト感覚で、一定の時間さえ会社に居れば自動的に賃金が貰えるといった甘えの感覚が社員の成長を邪魔する。仕事とは、成果に対してはじめて報酬が得られるものであるということを意識づけることが新人研修の最終目的だろう。

あまり最初から厳しい現実ばかり話すと「自分はブラック企業に就職してしまったのか」なんて笑えない相談を受ける羽目になりかねない時代だ。

新人には、「いつまでも社会人としての「社会の荒波」から逃避してばかりはいられない。上司、同僚のサポ-トは大切だが、ストレスを背負い、消化する強さを身につけなさい。仕事を時間の切り売りと割り切るのは甘えだ。」と伝えている。

社会人としての「心の筋トレ」を企業側がどのようにプラン設定するのか。人事管理の大きな課題である。


職務経歴書のスキルは誰にもわからない


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 会社側が求職者に対し最初のハ-ドルとして用意するのが書類選考という関門だ。実は一次面接・二次面接といった実際に膝を突き合わすステ-ジを突破することよりも書類選考を通過することの方が難関かもしれない。

書類選考の2大要素である履歴書と職務経歴書の印象で採用担当者段階で8~9割方はじかれるものだ。実際に直接話を聞いてみたいと強く思う経験やスキルを積んでいる人物の提出書類は社内でも上層部まで回覧されることが多い。



そこで問題になるのが、申告どおりの能力を発揮できる人物かを面接で見極めるこちら側(企業側)の眼力である。多くの場合、職歴書の内容は「盛ってあることが多い」。(経験上)

例えば、「社会保険事務の経験有り」と書かれていても実際には別人が用意した書類を社会保険事務所まで提出する運び屋でしかない場合もある。「経理を担当 」と申告していても結局小口現金と交通費精算程度の管理を担当してきただけで会計ソフトに全く対応できないレベルの者も珍しくない。

面接の印象がすこぶる良く、これまで経験してきた(と話していた)仕事内容から採用に踏み切ったものの、電話応対からしてたどたどしい姿を見せられることもしばしばだ。お客様からの電話応対ひとつで頭の良さ悪さがすぐにわかるものだ。

会社探しの立場になれば、自己アピ-ルの最終兵器である職務経歴書を盛ることは罪悪感すら無いのだろう。そんなところで謙虚になっては自分が損するだけとの思いも理解できる。

採用担当者としては 「職務経歴書に書かれたスキル」ほど鵜呑みにしてはいけないものはないと感じている。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: