人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

転職理由が「職場の人間関係」のとき


転職・キャリアランキング 

実は私も転職経験者である。回数にして2回、3社目の会社が現在の勤務先である。それが人生にとってプラスであったか、マイナスであったか、と問われればはっきりとプラスであったと思っている。

中途採用での面接時の中で必ず質問することになるのが転職の理由・動機についてである。なぜか「職場の人間関係」とする理由をはっきり述べる者がほとんどいない。そのことについては転職情報誌やネット情報からも好ましくない禁句・理由動機として取り上げられることが背景にあると思う。

私が年間相当数の面接をこなせるのも、裏を返せば相当数の退職者を見てきていることになる。時には自社の若手退職希望者の慰留役することもある。

その時、自社の退職希望者のほとんどが口にするのは「職場の人間関係」についてである。担当する仕事量、給料や待遇面への不満や子どもじみた「スキルアップのため」といったものを口にするものは滅多にいない。

それなのに中途採用面接の場面では、その傾向が逆転する。 転職の動機について30~40歳台は給料や休日など待遇面への不満、20歳台の転職未経験者の多くが「スキルアップのため」と回答してくる。

採用担当者次第かもしれないが、私は 「職場での人間関係に苦労しました」と正直に語ってもらったほうがその人に先があると思っている。面接対象者自身に問題は無いのか?。周囲への配慮不足やわがままか、仕事への情熱不足か、組織と個人の切り分けが出来ないのか、仕事能力そのものの欠如なのかを会話のキャッチボ-ルをしながら見抜くのが人事の仕事そのものである。

神経質なやりとりを繰り返すうちに、この人なら環境(上司や同僚となる職場環境)を変えてあげれば 十分戦力になると思えば採用候補にする。取り繕った言い訳より「どうぞ見てください」と自分をさらけ出し面接官と勝負するほうが好感度は高いと思うのだが。

ジョブロ-テ-ションの必要性


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 
どんな会社でも人事異動の無い組織は従業員のセクショナリズムが横行し、仕事の占有化が進むことで組織の硬直化をともなって取り返しのつかないことになる。銀行などでは2年~3年といった短期間で、定期的に移動が行われる会社もある。

企業内で競争原理が働かないことになると、会社にぶら下がる社員が増殖する悪循環が生まれる。そうした現象を定着させないための施策が、担当業務を無差別かつ定期的に入れ替えるジョブロ-テ-ションである。

人事異動には勤務地の変更もつきものである。社員間の人間関係を固定化せず、さまざまなタイプの上司・部下と新たな関係を構築するスキルを自然に身につけさせる。別の狙いとして担当顧客との癒着防止といった側面もある。

顧客と深い関係が長期間築かれると、やがてビジネスを超えて便宜のやりとりが発生する危険がつきまとう。いわゆる「情」がしがらみとなり不正行為の温床になりかねない。そうした弊害を防ぐため、営業マンなどは事務系よりも短期間に勤務地を移動することが多い。

さて、人事異動が発令された後、運悪く(?)白羽の矢が立った諸氏に降りかかってくるのが引き継ぎ業務である。じつはこの引き継ぎこそ、その社員の仕事に対する誠実さ、真摯さを確認できるものは無いと思う。後任者への丁寧な引き継ぎがあってこそ、「あの人の仕事は完璧だ」となるのだ。

新人社員の配属


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!
各企業の職場では今年の新入社員の新規配属が一段落し、営業顧客の引き継ぎを兼ねたはじめての訪問営業がはじまっている頃ではないか。

新人営業マンに「きょうは名刺を10枚もらってこい。」とオフィスを送り出しながら、なかなか戻ってこない新人には上司のゲキが飛ぶのは営業の世界では誰もが通る道だろう。

ある新人営業社員が定時の6時に会社に戻ってきた。目標の10枚の名刺には届かず、「5枚でした」とどことなく不安げな表情で上司に報告していた。

その上司は「よし。今から俺も一緒に行くから10枚まで頑張るぞ。」と話しかけた時の新人社員の少しこわばった顔がなんともいえない。その営業課長は新人教育には非常に熱心で、見ていて嫌味がない人望の厚い人物だ。

世間では「パワハラ」なんて言い出したらキリがないことだらけだが、自分も一緒について行くから、という姿勢を見せられて、事務を取っている社員から「行ってらっしゃいませ!!」一斉に声が上がった。新人社員は担当上司だけではなく、全社員でフォロ-する雰囲気が何より大切だと感じた一瞬だった。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: