人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

職場の化学反応  ①


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

数回の面接を繰り返し、人柄に好感のもてる人物と判断したものの実際に入社した初日から周囲との不協和に陥る新入社員に出くわした。

職務経歴書のスキルには問題がなく、あとは当社のカルチャ-に馴染むまでの時間がかかるか・かからないか程度の問題と思っていた。

面接時点では、リクル-トス-ツに身を包み、面接終了後には「今日は貴重なお時間を面接していただきありがとうございました。いっそう御社で働きたく思いを強くいたしました。・・・・・よろしくお願い致します。・・・」と控え目に一言してから退出する姿には言動の派手さは感じることは全くなかった。

いよいよ出勤初日。その彼女が所属することになった部門の指導役には高卒4年目の女性があたった。職歴10数年の新人は、ここで指導役の子に「こうした方が効率的だ」「この作業どうして必要なのか」「この場合にはこう処理するもの」とやってしまったらしい。

常々指導役の子を可愛がってきた周りから火がついてしまった。それを見ていた女性陣から不満爆発。新しい風を吹かせることを期待した人事は見事に職場内に化学反応を起こし、リ-ダ-格のベテラン女性社員までが「あの人(新採用者)とは仕事はできません。」と社長に直訴する事態に発展してしまった。

(職場の化学反応  ② へつづく)


今春卒の第2新卒が早くも転職市場に出てきた


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 「人のサポ-トをしたいと思いまして、総務を希望しました」と若い志望者(女性)が身振り手振りを交えながら必死に自己アピ-ルをする。

前職を研修期間を含めわずか3カ月で退職している。退職理由は「もともと事務系志望であったが、君には営業が向いていると言われ、営業に配属されたものの、テレアポ取りと飛び込み営業の毎日に、自分らしく働きたいと退職を決意しました。」とよどみなく続ける。

その熱意がどことなく空回りするのを感じるのは、必死すぎる笑顔と、退職理由に関する自己肯定ともとれる過剰なまでの被害者意識を語る姿にある。

今春大学を卒業した、いわゆる第2新卒が早くも転職戦線に繰り出してきている。3年生からはじめれていれば約1年以上の就職活動を通じても、こうしたミスマッチが後を絶たないのは残念なことだ。

新卒で自分の志望する職種に就ける可能性など期待するほうが虫がいい話と思うのだが。こうした意識では、転居を伴う地方転勤や、人事異動などで配置変更などがあるたびに退職・転職を申し出てくるだろう。これでは企業にとっては使いにくい人材と評価されても仕方ない。

「石の上にも3年」というが3年以上同じ会社で働いたことのない経歴の持ち主は決して珍しくない。景気低迷が長期間続いた影響もあるだろうが、転職に対しドライに考える土壌が一般化した結果なのであろう。

在職中の転職活動


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

中途採用の募集に対し、既に前職を退社して比較的時間に余裕がある応募者と、在職中で時間調整が難しい応募者と2パタ-ンがある。比率にしては3:1ぐらいであろうか。

私の会社では在職中の応募者については、平日の勤務終了後の面接を可能にするため19:00~21:00時ぐらいまでは時間を空けて一定の配慮をするようにしている。仕事をしていない応募者は日中に落とし込む。

採用選考にあたっては、在職中か否かで有利不利はないが、仮に内定を出した場合の入社時期が読めない点が問題となることが多い。その点で在職中の転職希望者には用心深くなることが多い。

こちらがせっかく内定を出して、入社日を双方で合意しても退職手続きや強力な慰留工作に遭いズルズルを決断を延ばされる場合が少なくない。そうした経験から私は引き継ぎを行うにしても3か月以上は待たないことにしている。

どんなに退社の意思を固めていても、直属の上司以外の幹部 からの強い慰留を受けたり、さらには所属部署から希望職種への異動や待遇変更を切り出されれば、気持が揺らぐのもわからないではない。そういう慰留工作も人事にたずさわれば年中行事なので先方の様子も手に取るようにわかる。

事実、転職理由の原因を取り除いてやることで思い直し会社の戦力となってくれている人材を多く見てきた。 そのほとんどが人間関係のこじれによるものであったが。

在職中を理由に応募した会社に甘えるのは避けた方がいい。採用内定を勝ち取り入社まで時間が必要な時は、必ず毎週退職手続きの進捗を採用担当者に報告するのがマナ-でありエチケットだと心得てほしい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: