人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

在職中の転職活動


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

中途採用の募集に対し、既に前職を退社して比較的時間に余裕がある応募者と、在職中で時間調整が難しい応募者と2パタ-ンがある。比率にしては3:1ぐらいであろうか。

私の会社では在職中の応募者については、平日の勤務終了後の面接を可能にするため19:00~21:00時ぐらいまでは時間を空けて一定の配慮をするようにしている。仕事をしていない応募者は日中に落とし込む。

採用選考にあたっては、在職中か否かで有利不利はないが、仮に内定を出した場合の入社時期が読めない点が問題となることが多い。その点で在職中の転職希望者には用心深くなることが多い。

こちらがせっかく内定を出して、入社日を双方で合意しても退職手続きや強力な慰留工作に遭いズルズルを決断を延ばされる場合が少なくない。そうした経験から私は引き継ぎを行うにしても3か月以上は待たないことにしている。

どんなに退社の意思を固めていても、直属の上司以外の幹部 からの強い慰留を受けたり、さらには所属部署から希望職種への異動や待遇変更を切り出されれば、気持が揺らぐのもわからないではない。そういう慰留工作も人事にたずさわれば年中行事なので先方の様子も手に取るようにわかる。

事実、転職理由の原因を取り除いてやることで思い直し会社の戦力となってくれている人材を多く見てきた。 そのほとんどが人間関係のこじれによるものであったが。

在職中を理由に応募した会社に甘えるのは避けた方がいい。採用内定を勝ち取り入社まで時間が必要な時は、必ず毎週退職手続きの進捗を採用担当者に報告するのがマナ-でありエチケットだと心得てほしい。

履歴書の写真はとっても大事 ③


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

学生時代、就職活動で使う顔写真は大学の写真部が校舎の階段の踊り場で撮影してくれた。街の個人経営の写真館で撮るのと見まがう出来栄えに安心したものだ。

今では駅のすみや、コンビニの前にもスピ-ド写真を撮るボックスが当たり前になった。スピ-ド写真の難点は椅子の高さを自分で調整しなくてはいけないことだろう。

したがって出来上がった写真の上下・左右にハサミを入れ調整が必要になることが多い。そこに妙な荒っぽさが出てしまうことは意外とマイナス点だ。そういうところに性格が垣間見れるものだ。

求職活動ではケアレスミスは命取りになるが実はそんな些細なところにも落とし穴が潜んでいるのでご注意を。

いかにも使い回しが明らかな、角の爪がめくれたような写真も好印象はあり得ない。とにかくきちっとしていて当たり前なのが履歴書であり顔写真であることに無頓着な人が目につくのが残念だ。




履歴書の写真はとっても大事 ②


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

人の第一印象のファクタ-に外見があるのは紛れもない事実だ。「人を外見(見た目)で判断してはいけない」とは言うものの、表情や身なりに対する意識をしっかり持っているか否かは、選考の大切な確認ポイントである。

それはその人が入社して以降、職場環境に時間を費やさずに順応できるかどうかといったことにも大なり小なり影響する。

服装のだらしない人、不潔であることに無関心な人、数字さえ上げれば他人を顧みない人(プロ野球選手じゃないのに・・・)など他人の目に無関心な人が組織をいかに停滞させるかを嫌というほど見てきたからだ。

だからこそ採用担当者の目にとまる履歴書の写真には明るく、清潔感のある人を思わせる写真を用意してほしい。会社組織は個性を主張する場ではない。

女性社員の過ぎた茶髪にしても、若い男性社員のうっすらした無精ひげにしても、いちいち注意してくれる周囲はいないだろう。そういう注意をするのが一番面倒で、馬鹿馬鹿しい上、つまらない摩擦を生じるものだからだ。

つまりそうした予備軍は書類選考や面接の段階で確実に排除するのがこちら側のミッションになる。私は履歴書の写真に何かを感じるとき、「とりあえず話は聞いてみよう」とは思わない。これまで私の予想を裏切ってくれた応募者は皆無であったことを付け加えておきたい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: