人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

キャリアの棚卸し


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

転職希望者との一次面談の時は、相手に対しどことなくお客さん扱いのところがある。応募者の経歴書から自己アピ-ルの機会・話題になるようにこちらから水を向けてやり、説明力や機転の利く・利かないを判断する。

応募者の職務経歴書に記入されていることはをそのまま鵜呑みにすることはまずない。文章力に長けているだけの人物の可能性がある。

「○○プロジェクトの責任者として・・・」はよく見かける経歴だがそれが1番怪しい。責任者のレベルがあいまいで、管理者レベルかもしれないし、プロジェクトの1工程のリ-ダ-程度の場合もある。予算権と人事権を含めたプロジェクトリ-ダ-はそうそうお目にはかかれない。

だからこちらの想像を(勝手な)裏切られた時、私は「前職で全力で取り組んだことは何ですか?」と良く問う。

「全力で仕事をしたことがありますか。?」「そんなとき、周囲との摩擦にどう向き合いましたか?」「ひょっとしてそのストレスで転職を考えませんでしたか。?」こんなシンプルな質問を並べると、意外に答えに窮する表情する応募者が多い。この程度のやり取りで「圧迫面接」なんてないだろう。会社にとっても人ひとり採用するのに真剣に人を見極めるのである。

転職希望先の面接を受ける前に、まず、それまでの前職で全力で取り組んだことを整理しておくことを勧める。そして、その時の話を面接のどこかで織り交ぜて欲しい。成功談なのか失敗談なのか、あるいは武勇伝なのか。面接が談笑に変わるとき、「もう一度会ってみよう。」「別の人物にも会ってもらおう。」とスイッチが入るのである。



新入社員と向き合う準備


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

新卒の新入社員を迎える準備をしはじめた。企業にしてみれば備品調達も事務用品からパソコン、貸与する携帯電話、デスク、チェアとなれば10万~20万に及ぶこともめずらしくない。

そういったコストを新入社員に理解させるのも導入研修の入口に必要なことである。企業人として会社の収益に貢献する以前に、会社は社員ひとりひとりに投資をしていることを解らせることは重要である。

学生時代のアルバイト感覚で、一定の時間さえ会社に居れば自動的に賃金が貰えるといった甘えの感覚が社員の成長を邪魔する。仕事とは、成果に対してはじめて報酬が得られるものであるということを意識づけることが新人研修の最終目的だろう。

あまり最初から厳しい現実ばかり話すと「自分はブラック企業に就職してしまったのか」なんて笑えない相談を受ける羽目になりかねない時代だ。

新人には、「いつまでも社会人としての「社会の荒波」から逃避してばかりはいられない。上司、同僚のサポ-トは大切だが、ストレスを背負い、消化する強さを身につけなさい。仕事を時間の切り売りと割り切るのは甘えだ。」と伝えている。

社会人としての「心の筋トレ」を企業側がどのようにプラン設定するのか。人事管理の大きな課題である。


中途採用を受け入れる風土


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

当社では採用部門で一通りの選抜で振るいにかけ人事部面接、配属部署の関係者面接を経て社長面談で採用決定というステップを踏んでいる。

総務部門の欠員補充のための求人のときのこと。書類選考、面接をクリアし、キャリア面でも申し分の無い女性を関連部署の女性陣に面接してもらった。転職歴も2回目と少なく、頭の回転、ストレス耐性、専門スキルと間違いなく現有戦力の中でも「優」がつくであろう人物に私は社長に対し採用を即座に薦めた。

そうした中で、候補者を面談した女性管理職の回答は「これというモノがない。」のたった一言であった。実は人員補充で一番難儀なのが、既存社員との相性なのである。

要は自分の使いやすい「駒」となる性格かどうかを真っ先に見るから始末が悪い。スキル的にも部門リ-ダ-と被るか上を行くだろう存在は拒否の対象となってしまうからやっかいだ。

人事部としては、事務系部門では仕事をある程度握っている人物(部門責任者クラス)に万が一仕事を空けるような事態となっても対処できる体制を整えておく意味で優秀な人物を配したい。それに対して既存社員が妙な警戒心を抱く姿は見たくはない光景だ。

結局、今回の採用は見送られた。面接担当からすれば、なんとしても欲しい人材であった。この件は当社の採用システム(関係部門者の面接・感触を尊重しすぎる悪しき流れ)に問題がある。このシステムの変更には相当の根回しが要る。採用段階を変更し、人事部門と合わせ他部門の上席者に人物本位の判定を依頼するスタイルを構築したいのだが、敵(自社の社員)はなかなか手ごわい衆である。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: