人事部長の本音 ~【転職】を成功させるヒント

転職活動・就職活動の成功を応援するブログ。中堅企業(従業員500名)の総務・人事部長として採用部門を統括、年間新卒20名、中途組20名以上採用し、通年でほぼ毎週、年間のべ300名以上の面接・書類審査等の採用実務に追われる日々の中で気づいたことを直言する。

新しい職場は自分を変えるチャンス


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります!

転職活動が無事終了すれば新しい仕事、新しい職場でのスタ-トとなる。これまでの仕事上のしがらみから解き放たれ、あなたの性格や仕事上の功績など一切をリセットしなければならない。

それまでの経験則を次の職場に持ち込むことで、おかしな摩擦をおこす新入社員が実に多い。言葉使いから、挨拶の声の大きさまで、あなたの性格を全く知らない同僚に囲まれるチャンスは滅多なことでは訪れない。

「転職でもしなければ自分を変えることができない」ことに気づいたのが私にとっての最初の転職時の感想だった。それ以前会社では、朝、事務所に入るときのあいさつは「気持ちよく」には程遠い事務的なものだった。それを「元気よく見せる」挨拶に変えることができた。

環境が変わることでそれまで気恥ずかしいことでも抵抗なく簡単に変えることができる。しかし用心深さも必要になる。

「こうした方がいいですよ」と親切心でアドバイスしようものなら、それが些細なことでも、「新参者がウザイこと言ってきた」と曲解されてはばかばかしい。前職で当たり前のことが、転職先でそうとは限らないことを肝に銘じるべきだ。

転職とは、小学生の頃の転校生の心地ほど居心地の悪いものではない。必ず新天地に立つ喜びが勝るはずだ。

会社規模の大小にこだわらない


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 

「一流企業への転職」などと題目にすると、当然のごとく「一流企業とは」という定義を考えることになる。バブル景気からその崩壊を経過し、ようやく長期間の雇用調整期・就職氷河期から抜け出してきたのが現在である。

その間にサラリ-マン生活を経験し、その荒波をなんとかかわしてここまでたどり着いた会社人間ならば、いかに大学受験のような自分の努力だけで居場所を確保できるような生易しい競争の感覚が愚かなことか、身にしみているだろう。

学生時代の感覚を残し、就職活動に失敗し「有名大学に合格し、名の通った会社に就職する」ことが最終ゴ-ルのような20代の転職志望者の前途は厳しいものになる。

10年数前になるだろうか。経済がどん底を這いつくばる時代、「ソニ-でもらっても、うち(の会社)でもらっても30万は30万。」と言っていた社員がいた。地元の地銀ではあるが、40台男性行員と飲み会をしたうちの女性総務が「私の方が賞与の額が多かった。」と話題にしたこともあった。

「一流企業=高給取り」という一面で正しいが、限りなく保証はない。それに見合う「ストレスの対価としての報酬なのか」といったところを考えれば、企業の知名度や、ブランドにこだわることがいかに空しいことか気づくだろう。

この年末年始にゆっくりと転職先の選定にかかる方は多いだろう。どこの系列にも属さない企業、未上場企業、地方の地場企業、中小企業であっても社会に必要とされ、地元経済に貢献する優秀な企業は必ず存在する。転職先の検討のときは、ぜひ「企業のサイズ」を取り払って欲しい。

新卒採用の現場


↑↑このブログへの応援クリックをよろしくお願いします。更新の励みに頑張ります! 新卒採用に関しては学歴(学校歴)は未だにものを言うのは否定できない現実だ。もはや日本では大卒が大したステ-タスではなくなっているが、それでも一定の水準の大卒を採用したがる企業は多い。

はじめて聞く大学名より6大学程度の水準ならば挨拶ぐらいはまともにできるだろうと贔屓目に期待してしまうのが人情だ。これは決して学校名で応募者を区別するわけではなく、これまでの採用活動の現場で感じてきた歴然とした事実がそうさせる。

説明会の時間に遅刻する。指示どおりの提出物を用意できない。わからないことをその場で確認しない。急に連絡が取れなくなる。行動や言動が自己中心的で相手(企業側)に調整をさせることに抵抗感がない、などこちらが死亡フラグを立てる行動パタ-ンを取る学生の分布には明らかに傾向がある。

限られた時間のなかで、採用活動にも時間とコストの効率が求められる。新卒採用において学生は企業の「お客様」ではない。最近の傾向で、学生が企業側からサ-ビスを受けるかのごとく採用側に意見する者がいるが、それをはじくのも重要な作業だ。

エントリ-シ-トや、PCで印刷された履歴書が主流となった今では、応募者の想像できる個性や情報は見えにくい。以前なら手書きの履歴書・自己紹介文が事前情報としては結構役立ったものだった。字のうまい下手ではなく、丁寧にかかれたものか、とりあえずの量産型かは意外にわかるものだ。

結局、真面目でおとなしい学生ばかりを1次・2次面接と選抜してしまうのだが、それが正しい選択かわからないのがリクル-トの宿命だ。





 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: